Live kitとは?特徴やメリット・デメリットなど全解説

「ライブコマースを始めてみたいけれど、Live kitはどうなんだろう?」

「Live kitと他の配信プラットフォームの違いは?」

このページに辿り着いたあなたは今、「Live kit」について詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか?

Live kit(ライブキット)は、自社のEC サイトやWebサイト内で、ライブ視聴から購入まで完結できるライブコマースの配信プラットフォームの1つです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で消費者の商品購入プロセスも大きく変化しており、またネット環境の高速化によりリアルタイム配信がスムーズに視聴できる環境が整ってきていることから、日本でもライブコマースに本格参入する企業が増えてきています。

代表的な配信プラットフォームであるLive kitを利用して、ライブコマースを実施する企業も少なくありません。

そこで今回は、Live kitの特徴やメリット・デメリット、導入をおすすめする場合・しない場合、成功のカギなど詳しく解説します。

ライブコマースの配信プラットフォームとは?

ライブコマースを実施するには、配信プラットフォームが必要です。

そうは言っても、動画をリアルタイムで配信できるツールであれば、ライブコマースも実施することができます。

日本でライブコマースを配信できるプラットフォームは、YouTubeやInstagramなどの「SNS型」から17LIVEやSHOWROOMなどの「アプリ型」、そして今回ご紹介するLive kitなどライブコマースに特化した「WEBシステム型」まで、たくさんあります。

代表的なものを挙げます。

SNS型
・Instagram
・YouTube

アプリ型
・17ライブ
・SHOWROOM

WEBシステム型
・Live kit
・TAGs API
・Hands UP
・TIG

ライブコマースが実施できるプラットフォームについては、以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご確認ください。

関連記事

​​ライブコマースのプラットフォームはどうやって決めるべき?種類やメリット・デメリットをわかりやすく解説

Live kitとは?

Live kitは、自社のEC サイトやWebサイト内で、商品販売が可能なライブコマース配信プラットフォームです。

運営するのは大手ITサービス企業の日本ユニシス株式会社。通販・EC業界で30年以上の実績のある東証一部上場企業です。

Live kitは、元々STARP株式会社というスタートアップ企業が作り出したサービスで、2021年2月に日本ユニシスに事業譲渡されています。

ヤマダデンキやピーチ・ジョン、阪神タイガースなどが導入・活用する配信プラットフォームです。

「SNS型」「アプリ型」との違い

前述した「SNS型」や「アプリ型」の配信プラットフォームは、元々ライブコマースを実施するために作られたものではありません。

したがって、商品を購入する際は別のサイトに遷移するのが一般的であり、配信を見ながら商品を購入できず、離脱が起きてしまうというデメリットがあります。

それに対してLive kitをはじめとした「WEBシステム型」は、ライブコマース用に作られたプラットフォームであるため、ライブ配信を観ながら同一サイト内で商品購入までできるのが特徴です。

他の「WEBシステム型」配信プラットフォームとの違い

「WEBシステム型」の中でも、Live kitはオンプレミス型のCMSです。

CMSとは、「Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)」の略で、HTML/CSSといったプログラミング言語の知識がなくても、Webサイトの構築・更新作業ができるシステムのこと。

ブラウザ上で直接テキスト入力したり、画像をアップロードしたりするだけで、とても簡単に操作できます。

先ほど挙げた「WEBシステム型」の配信プラットフォームを、「オンプレミス型」か「SaaS型」か否かで分類すると、以下のようになります。

オンプレミス型CMS
・Live kit
・TAGs API

SaaS型CMS
・Hands UP
・TIG

「オンプレミス型」のLive kitは、自社環境内のサーバにソフトウェアをインストールする必要があるため、カスタマイズ性や秘匿性は高いですが、導入コストやランニングコストも高くなってしまうのが特徴です。

一方、SaaSとは「Software as a Service(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)」の略で、アプリケーション・ソフトウェアをインターネット経由で提供するサービスのこと。

「SaaS型」のCMSは、Webサイトの運用・管理に必要な機能をブラウザ上で利用できるため、オンプレミス型と比較するとサーバ費などのコストを抑えることができます。

「オンプレミス型」と「SaaS型」、いずれの「WEBシステム型」プラットフォームを利用する場合でも、「SNS型」や「アプリ型」と比較すると大幅に費用がかかることには変わりありません。

SaaS型のHands UPについて確認したい方は、以下の関連記事をご覧ください。

関連記事

【業務提携パートナーが解説】HandsUP(ハンズアップ)を最も賢く使う方法を伝授します。

Live kitのメリット・デメリット一覧

これまで見てきたLive kitの特徴を踏まえて、Live kitのメリットとデメリットについて見てみましょう。

メリット

・アプリをダウンロードしてもらう必要がない
・ライブコマースに特化しているので、配信から販売までワンストップで行える
・独自ドメインで運用できる
・投げ銭
・有料配信機能が充実している
・手数料がかからない
・運営会社が大手IT企業で安心感があり、サポートも手厚い

デメリット

・導入コストが50万円以上必要
・ランニングコストも高い
・別の手段で集客する必要がある

Live kitは他の「WEBシステム型」配信プラットフォーム同様、専用アプリをダウンロードしてもらうことなく、自社のEC サイトやWebサイト内で、ライブ配信から購入までワンストップで行うことが可能です。

また、独自ドメインで運用できるため、ECサイトを改修する必要がありません。発行したライブページのURLをメールやSNSで一斉に通知することが可能です。

他の配信プラットフォームに無いLive kitメリットとしては、投げ銭・有料配信機能が充実していること、売上に応じて手数料が増えないことが挙げられます。

通販・EC業界で実績豊富な運営会社の手厚いサポートを受けられるのも魅力的ですね。

デメリットとしては、とにかく費用がかかること。自社サーバにインストールする必要があり、初期費用だけでも50万円以上かかってしまいます。

SNSなどすでに人が集まっているプラットフォームを利用する方法ではないため、集客方法を工夫する必要もあるでしょう。

Live kitの導入をおすすめする企業

Live kitのメリット・デメリットについて理解しても、自社で導入すべきなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、どんな企業にLive kitの導入をおすすめするかを説明していきます。

Live kitをおすすめする企業

・1回きりではなく、定期的にライブコマースを実施する予定である
・ライブコマースでの収益の見込みが立っている
・投げ銭機能や有料ライブ配信機能の活用イメージがある
・メルマガ会員やSNSフォロワーが多く、視聴してもらうための導線設計ができている

他の配信プラットフォームをおすすめする企業

・まずは試験的にライブコマースを実施してみたい
・投資した金額を回収できる自信がない
・投げ銭機能や有料ライブ配信は無くても問題ない
・ライブ配信を見てもらえるか不安

多額のLive kit導入コストに加え、運用を続けていくためのランニングコストもありますし、出演者のキャスティングや集客のための広告費などその他の工程でも費用がかかってきます。

ライブコマースのテスト運用には不向きです。

「まずは試験的にライブコマースをやってみたい」という場合は、InstagramなどSNS型の無料配信プラットフォームを使いましょう。

定期的なライブコマースの実施で収益を上げられる見込みが立ち、十分な費用対効果があると判断した段階で、Live kitの導入を検討するのがおすすめです。

Live kitは投げ銭機能や有料配信機能があるので、高いコストをかけて導入するのであれば、これらの機能の活用イメージが湧いていると良いですね。

また、「WEBシステム型」のLive kitでは、すでに多くの人が利用している「SNS型」とは異なり、自社サイトでライブ配信を見てもらうための導線をしっかり設計する必要があります。

集客に不安がある段階で導入しても、求めている成果を得られないかもしれません。

普段からメルマガのクリック率やSNSのエンゲージメント率が高いなど、ライブ配信を見てもらえるという確信があれば、「SNS型」以外の配信プラットフォームを使うのも良いと言えるでしょう。

関連記事

インスタライブでライブコマースを成功するには導線設計が重要?事例を用いてPR会社が解説

Live kitでのライブコマース成功のカギ

Live kitはライブコマースの代表的な配信プラットフォームであり、活用する企業も増えてきていますが、闇雲に導入するのではなく、今回ご紹介してきたポイントを踏まえてよくよくご検討ください。

Live kitでライブコマースを実施することになった場合は、ターゲットに見てもらうための視聴導線の設計が成功のカギを握ります。

ただライブを行うだけでは、知名度のあるブランドでも見てもらうことができません。しっかり「見に来てもらえるための導線」「見に来たくなる動機」を設計しましょう。

「そうは言っても、目的を達成するための視聴導線/動機の設計って具体的に何をすればいいの?」

「プラットフォーム選定が正しいのか、プロに確認してもらいたい!」

そんな方は、ぜひLIVURU(ライブル)にご相談ください。

戦略型ライブコマースのLIVURU(ライブル)では、目的に沿った視聴から購入までの導線の設計や難しいプラットフォーム選定はもちろん、ライブ配信の企画や出演者のキャスティング、台本作成や現場ディレクションまで、全てワンストップでサポートしています。

用意するのは、売る商品だけでOK。

豊富な事例・実績をもとに、”見られるライブ”、”売れるライブ”を実現します。

ライブコマースで失敗したくない方は、ぜひLIVURUにお問い合わせください。

以下の「資料ダウンロード」ボタンから資料請求していただくと、ライブコマースの成功事例について詳しく紹介した資料をご覧いただけます。